バイアグラを通販で購入|個人輸入で安心ED治療

現在、日本でのバイアグラ購入は医師の処方がなければ購入できません

EDで悩んでいる日本人男性は4人に1人だといわれています。海外ではEDへの認知があり、周りのサポートで治療に専念できる環境が整っていますが、日本ではまだデリケートな話題のため、誰にも相談できず1人で抱え込んでしまうケースがほとんどです。

病院へいき、医師の処方をもらうにも、人の目が気になりなかなか足が向かない人も多いです。一時期話題になった、バイアグラの偽物購入もこういった背景が影響しているからでしょう。

個人輸入代行で購入すれば、正規品のバイアグラが合法で購入することができます。

バイアグラ
バイアグラのパッケージ

バイアグラは世界で最も有名なED治療薬です。アメリカにあるファイザー社が開発しました。日本でも一番認知度が高いED治療薬になります。

EDは、長く向き合う症状です。個人輸入を利用すれば、誰にもバレずに治療に専念することができます。安心、安全にED治療するためのポイントをご紹介します。

バイアグラ通販が合法なワケ

国内産のバイアグラは、医師の処方がなければ日本で購入することはできません。
そこで注目したいのが、海外産のバイアグラです。海外産というと偽物が混ざっていないかなど不安を感じる人もおおいですが、もともとアメリカで作られたバイアグラなので、信頼できる製薬会社から購入できれば、安心・安全にEDを改善することができます

ここでのポイントが、海外との橋渡しをしてくれる「個人輸入代行」を使うということです。個人輸入代行なら、面倒な手続きをすべてすませてくれているため、購入者はクリックするだけで簡単に購入することができます。

バイアグラの歴史

バイアグラの錠剤
1990年前半、アメリカのファイザー社によって開発・販売されたのがバイアグラです。
薬を服用するだけでEDが改善されるバイアグラの存在は、発売されてすぐ社会現象になりました。

もともとは狭心症の薬として開発されたのをキッカケに、勃起力の向上が発見されたバイアグラですが、以来EDに悩む多くの男性を救出してきました。

個人輸入とは

個人輸入とは、自分で使う分を購入することで、転売目的での購入は禁止されています。海外製の医薬品は、日本の税関の検査を通って手元に届く仕組みになり、海外とのやりとりの面倒な手続きをしてくれるのが、個人輸入代行になります。
個人輸入代行をつかえば、Amazonや楽天で購入するように、商品を

1、転売目的での購入は禁止
2、海外から直接商品が届く
3、代金は前払い

きちんとした個人輸入代行業者は、上記のルールを守っています。
そのためバイアグラなどの処方箋医薬品が、合法で手に入るというワケです。

ポイントは、海外から直接商品が届くという点で、商品を業者がいったん預かり消費者の元へ届けることは法律違反になります。

代金後払いも、商品が届いてから支払いをすると、そこで売買されることになるため、処方箋が必要になります。後払いシステムを採用しているサイトは、偽物か違法行為にあたるため、絶対に利用はしないでください。

Amazonや楽天で購入できないワケ

2014年に薬機法が改定されてから、ドラッグストアで販売されている商品もAmazonや楽天で購入できるようになりました。しかし、バイアグラのような医師の処方箋が必要な医薬品は転売が禁止されているため、出品ができません。そのため商品がAmazonや楽天で購入できないというワケです。

通販購入で安全にバイアグラを購入する方法

ネットショッピングのイメージ画像

1、金銭の直接やりとりがない
2、サポート体制が整っている
3、実績がある

バイアグラの転売行為に抵触しないため、金銭の直接やりとりがあるサイトは危険です。クレジットカード利用ができ、コンビニ決済ができるサイトは信頼性が高いため安心です。

さらに、海外から商品が届くため、場合によっては破損商品が届かないといったトラブルも考えられます。そんなとき、サポートが整っていれば、電話やメールで問い合わせ解決してくれるため、安心して注文することができます。

個人輸入代行も、実績があるほど長くリピートされているサイトとして、信頼性が上がります。ネットでの口コミやホームページから、気になる個人輸入代行を調べてチェックしてみましょう!