バイアグラのジェネリック医薬品でお得にED治療

バイアグラのジェネリックとは
バイアグラはED治療薬のなかで、最もジェネリック医薬品が販売されています

国内産のバイアグラは、医師の処方が必要ですが個人輸入代行を使えば、医師の処方ナシで海外の認可されているバイアグラのジェネリック医薬品が購入できます。

安心安全に、バイアグラジェネリックが購入できる方法をお教えします。

バイアグラのジェネリック医薬品(後発薬)とは

バイアグラは1990年代前半にファイザー社が開発し、1998年に販売され瞬く間に社会現象になりました。それから2014年までは、独占販売である特許期間中でしたが、特許期間が終了してからは、各製薬会社がこぞってバイアグラと同じ成分である、「シルデナフィル」を使い、後発薬を開発・販売しはじめました。

後発薬とはジェネリックのことで、開発費用がいらないことから、先発薬であるバイアグラの金額の半分以下で購入できるというワケです。

効き目はバイアグラと同じ

バイアグラと同じ主成分であるシルデナフィルを使っているので、効果効能はそのままです。各製薬会社によって、個性を出すために飲み方が工夫されていたりするため、多少の違いはありますが、シルデナフィルの血管拡張をして勃起力を助ける効果は、どのジェネリックにも効果があります。

もちろん成分量や飲み方によって、自分の体との相性はあります。
自分にあったジェネリックを見つけられると、体の負担が少なくEDが改善できます。

価格が半分以下で購入できる


バイアグラは新しく開発されたお薬になるため、新薬とよばれます。
新薬とは先発薬という意味ですが、新薬の開発は膨大な研究や開発費が必要なため、完成すると販売金額がどうしても高くなってしまいます

バイアグラも同じく、一錠あたり約1600円前後です。しかしジェネリック医薬品の場合は、研究や開発費がすでに保証済みのため、結果的にコストがかからずに販売価格も安価で購入できるというワケです。

バイアグラジェネリックの場合、商品によりますが平均して一錠あたり、約500円前後で購入することができます。

バイアグラのジェネリック国産

国産のバイアグラジェネリックは、医師の処方が必要です。

日本の製薬会社では、「陽進堂」「あすか製薬」「武田製薬」「キッセイ薬品」「東和薬品」「富士化学工業」など、そのほかにもたくさんの製薬会社からバイアグラのジェネリックが販売されています。

通販で購入するバイアグラのジェネリック

個人輸入代行を使えば、通販でバイアグラのジェネリックが購入できます。
通販購入で気を付けたいポイントは、悪質なサイトから購入をしないということでしょう。商品が偽物の可能性や、購入方法が法律に引っかかっているケースもあるためです。

「信頼性の高いサイト」を選ぶことで、安心して購入することができます
信頼性の高いサイトを選ぶポイントは以下の通りです。

・第三者機関による鑑定書がついている
・クレジットカードが使用できる
・海外から直接商品が届く
・サポート体制が整っている

カマグラゴールド

カマグラゴールドのパッケージ
インドで有名な製薬会社である「Ajanta Pharma(アジャンタファーマ)」によって製造販売されました
50㎎と100㎎で販売されており、バイアグラの効果と持続時間がほとんど変わらないため、安価でバイアグラと同じ効果を得たい人にオススメです
日本では通常25㎎から処方されるため、初心者はとくに半分に割って使用することをオススメします。

スーパーカマグラ

スーパーカマグラのパッケージ

勃起不全と早漏を助けるED治療薬です。
バイアグラの主成分である「シルデナフィル」と、早漏を防止する「ダポキセチン」が配合されており、両方にお悩みがある男性にオススメです。
シルデナフィルの効果で勃起力を助け、ダポキセチンの働きで、射精時間を2~3倍に伸ばすことも可能になりました。

ラブグラ

ラブスマのパッケージ
珍しい、女性用のバイアグラです。バイアグラとおなじく「シルデナフィル」が主成分で、女性の感度を高め、オーガニズムを達しやすくする働きがあります。シルデナフィルが主成分なので、性欲を高めるワケではなく、挿入時に痛みを感じる方や不感症に近い症状がある方にオススメです。
ラブグラは100㎎からの販売のため、ピルカッターなどで四分の一、もしくは半分に割って使用すると、よりお得に利用できます