バイアグラの副作用は飲み方で決まります

バイアグラは、世界でもっとも多くのED患者が使用したEDの治療薬です。

バイアグラでEDが解消されても、副作用でセックスどころでなくなってしまっては意味がありません。副作用を最小限に抑える服用方法と、併用禁止のお薬までご紹介します。

バイアグラの主な副作用

頭を抱える男性

・頭痛
・顔のほてり
・目の充血
・胸やけ
・動悸
・鼻づまり

バイアグラは血流をよくする効果が高いため、成分が体に吸収されはじめると、上記のような副作用がおこりやすくなります。バイアグラを服用したほとんどのひとが、とくに「頭痛」や「ほてり」を経験しています。

バイアグラに体が慣れてくる数時間の間に、これらの副作用は治まることがほとんどです。また成分が分解されるとともに、症状も落ち着いてきます。頭痛や鼻づまりが気になる場合は、市販薬と併用してもOKです。体質的に頭痛になりやすいひとは、前もって用意しておくと安心です。

バイアグラのバナー画像

併用禁止のお薬

ストップの標識と夕日
バイアグラには併用禁止のお薬があります。
持病で以下の薬を服用中のひとは、バイアグラの使用はやめておきましょう。

・硝酸剤
・NO供与剤
・アミオダロン塩酸塩
・sGC刺激剤
・リオシグアト

バイアグラ服用が向いていないひと

併用を禁止しているわけではありませんが、下記の症状がある場合、体の負担を考えEDで悩んでいても併用を避けたほうがよいでしょう。

・重度の肝機能障害がある
・血管系に障害がある
・半年以内に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の発作があった
・網膜色素変性症患者
・過去にバイアグラでアレルギー反応が出た

バイアグラの正しい服用方法

コップとお水
水で服用する
服用は1日1回
次の服用には24時間以上空けましょう
セックスの1時間前の服用
空腹時に服用する

バイアグラの服用に、コーヒーやお茶などのカフェインと一緒に服用したからといって大きな副作用があるワケではありません。しかし牛乳など乳製品との服用は、バイアグラの主成分であるシルデナフィルの吸収を妨げる場合もあるため控えましょう

また柑橘類のなかでも、グレープフルーツはバイアグラの吸収を高めてしまい、強い副作用をおこしてしまいます。グレープフルーツジュースなど加工食品にも気をつけましょう。